夏期ドイツ実習

実習内容

 ドイツの林業大学であるロッテンブルク大学(HFR; Hochschule für Forstwirschaft Rottenburg / Rottenburg University of Applied Forest Sciences)が「ドイツ林業と森林経営に関する夏期授業」と題して、例年日本の森林系大学の学生を受け入れ実習を実施しています。島根大学からも2014年から参加しています。
 森林学教育コースでは、「森林海外実習I」または「森林海外実習II」として、基準を充たせば1単位付与します。

実施記録・計画

2016年

 本年も2016/09/11~2016/09/18の予定で実施します。
 島根大学からは、教員1名、学生2名が参加する予定です。

2015年

 島根大学からは、教員1名、学生2名が参加しました。

2014年

 2014年のテーマは「収穫技術の側面を含めた、生育環境と生産コントロール」でした。島根大学からは、教員1名、学生1名が参加しました。

費用について

  • 現地での費用
     学生は格安の修道院等に宿泊します。
    (こちら、学生レポートの写真-25~27にお世話になった修道院の様子やシスターとの記念写真があります。
    プログラム費用と鉄道,バス代,ホテルなどで4~7万円程度です。
     
  • 渡航航空券代
     8万円~15万円程度です。航空会社や購入時期によっても異なります。
     過去の実績では、
    • 関空~フランクフルト往復(中国国際航空、北京経由) 7.5万円 3ヶ月前購入
    • 関空~フランクフルト往復(中国国際航空、北京経由) 5.4万円 2ヶ月前確認(別チケット購入後のため購入せず悔しい)
    • 広島空港~フランクフルト往復(中国国際航空、大連・北京経由) 11万円 3週間前購入
    • 関空~フランクフルト往復(ドイツルフトハンザ、直行便) 14万円 1週間前購入
    • 関空~フランクフルト往復(タイ航空、バンコク経由)11万円 1週間前購入
      程度でした。経由地では、2時間~20時間くらいの乗り継ぎとなります。
      この他に、松江からは空港までの旅費が往復1~2万円程度かかります。
  • 合計費用
     以上の合計で、費用は13万円~24万円となります。まあ、20万円程度用意しておけばなんとかなると思います。この他に、実習の前後で観光するならその費用や日本へのお土産代を任意で用意しておくと良いでしょう。また、パスポート取得にも別途料金(5年11,000円、10年16,000円)がかかります。
  • 奨学金制度
    • JASSO短期留学
       JASSOの短期留学の給付型の奨学金を受けることができる可能性があります。奨学金は8万円です。奨学生は、成績、世帯収入、希望者人数により決定されます。
    • 島根大学派遣学生支援制度奨学金
       本授業に参加する学生には、島根大学から例年5万円を支給していました。しかし、2016年現在、大学に対する文科省からの予算が削減されており、残念ながらこの支給が続けられるかどうかわからない状況です。

授業・実習紹介


添付ファイル: filecyh.jpg 617件 [詳細] fileselect.jpg 519件 [詳細] filepf.jpg 414件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-07-22 (金) 22:20:03 (1473d)