森林学教育コースの紹介

  • 森林の意義

    日本は国土の約68%が森林に覆われた世界有数の森林国です。森林は生物多様性の保全、土砂災害の防止、水源のかん養、保健休養の場の提供などの多面的機能を有しており、私たちの生活と深くかかわっています。

  • 中国地方で唯一の森林学総合教育コース

    中国地方の大学では唯一森林に関して総合的に学ぶことができ るのが、島根大学生物資源科学部農林生産学科森林学教育コースで、森林および林業に関連する諸事象に関して生態学的および社会学的視点から 問題解決に取り組んでいます。

  • 森林に関する生態学から社会学まで幅広い分野を総合的に学ぶ

    本コースは「森林生態環境」「森林資源管理」という2つの研究分野で構成され、生物資源教育研究センター森林科学部門(演習林)と連携しながら以下のようなテーマの教育・研究を行っています。

  • 森林生態系の仕組みと保全
  • 森林を支える土壌と水環境
  • 森林資源を収穫・利用するための生産システム
  • 再生可能な資源としての木質バイオマスエネルギー
  • 森林計画・管理のための地理情報システムとリモートセンシング、情報学
  • 森林・林業に関連する政策と経済
 
 
ringaku.png
図 森林学教育コースの幅広い分野を示した図
tree_seichou03.png

FrontPage


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-08-08 (月) 17:36:29 (1457d)